求人のすすめ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/29
2009 Thu
国際ジャーナル 鳩山政権が目指す税制改革の行方
新しい民主党政権においては、税制改革も一つの柱となっています。これに関し
ては、新しい政府税制調査会が立ち上がっています。報道ニッポンなどでも、税
制に関するテーマはよく取り上げられていますが、鳩山政権における税制改革の
特長としては、国民総番号制の導入検討というものがあります。これは、国内に
住んでいる国民全員に対して、納税者番号を割り当てるという考え方です。この
考え方の背景には、どんなものがあるのでしょうか。日本の税制に関しては、制
度が複雑である点は前から指摘されています。また、縦割り行政の弊害によっ
て、税と社会保障費の徴収が別々になっている点も問題視されています。結果と
して、一部の国民の間では、不正に税金や社会保障費をごまかしているケースも
あると聞きます。納税番号制度を入れた場合、個人の納税情報や、金融取引など
の情報を、国や自治体が把握するのが容易になりますので、サラリーマンと自営
業者などの間における、所得税の不公平感も少なくなっていくのかもしれませ
ん。社会保障費の徴収も、利便性があがるでしょう。一方、個人の財政に関する
情報が一元化されることに関しては、厳重なセキュリティー体制が必要です。そ
の辺の議論もしっかりと行ってもらいたいと思います。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
リフォーム
スポンサーサイト
10/21
2009 Wed
国際ジャーナル 食べ残しの持ち帰り
以前、「食」について雑誌「現代画報」にて紹介されていたように記憶しています。

それを思い出した時に、テレビの情報番組で「食」をテーマにした特集が放送されていたのです。
それは「食べ残しの持ち帰り事情」というものでした。

外食した際に、「量が多くて食べ切れなかった」「お腹がいっぱいになり残してしまった」という
方、多いのではないでしょうか。その際にそのまま残して店を出るか、家に持ち帰るか、どうする
でしょうか。街頭インタビューでは「そんな格好悪いことできない」「恥ずかしい」という声もあり
ましたが、「もったいないから持って帰るようにする」という声も多かったのです。
店でも、お客さんが残した食べ物は廃棄になります。「もったいない」と思いませんか?

そういった声をよく聞くのでしょう、ある団体が「持ち帰り運動」というものを広げているようなの
です。「もったいないことはしない。残すなら持って帰ろう」という運動です。持ち帰り専用の箱を
作り、そして「持ち帰り運動実施中」というようなステッカーを作成し、その運動に賛同するお店に
ステッカーと箱を置かせてもらう、というものなのだそうです。

賛同する店も増えているようなのです。ある料亭の料理長のインタビューが放送されていたのですが
「自分の作った料理が無残に捨てられるのはたまらない。それなら、残してしまったものは持って
帰って頂いたほうが自分は嬉しく思う。」という意見を述べていました。

そういった運動に賛同している店では店員が「残されたメニューをお持ち帰りできますが」とお客
さんに聞いているようです。メニューを残したお客さんには「持ち帰り」の方が多いようです。
「持ち帰り」をしている方へのインタビューも放送されていました。数人にインタビューをしていま
したがどの方も「もったいない」という言葉を使っていたのです。

みなさんは、この「持ち帰り運動」をどう思われるでしょうか。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
10/12
2009 Mon
国際ジャーナル 電子コンテンツが変える未来の雑誌
最近は携帯電話でニュースを読む人も増えていますが、雑誌のコンテンツについ
ても、今後はデジタル化が進むのでしょうか。ある雑誌については、記事単位で
バラ売りするサービスが始まっている様です。この方法ですと、読者は気になっ
た記事だけを安い料金で買えるので、雑誌を一冊買うのに比べて費用を節約でき
ます。また、雑誌業界については、最近の売上の落ち込みをカバーする、新しい
試みになります。書籍流通大手のアマゾンですが、アメリカではキンドルと呼ば
れている電子書籍が一般的になっています。これは、専用の端末に電子コンテン
ツを供給するサービスです、日本においても同様の展開が始まるのでしょうか。
一部のPDAなどでは、電子書籍を読むことができる機能もありますが、やはり
コンテンツの供給が増えてこないと、なかなか爆発的には普及しないかもしれま
せん。日本の出版業界も業界の構造が複雑なので、おいそれとは新しいサービス
に乗り換える事ができないのかもしれません。紙の媒体による良さも当然ありま
すが、デジタルコンテンツの便利な点も沢山あります。出版業界においては、こ
れからの近未来に発展ができる様な、新しい考え方が求められているのかもしれ
ません。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
リフォーム
10/01
2009 Thu
国際ジャーナル 仙台空港付近・ヌード撮影会で逮捕。
いくら写真の撮影会だからと言って、やりすぎは禁物。宮城県警岩沼署は9月26日に、宮城県名取市の浜辺で、2009年6月21日の午後2時ごろ、女性のヌード写真撮影会を開いたということで、沖縄県出身の写真家、藤田和宜容疑者(68)と、東京都板橋区出身の会社員でモデルをしていた佐藤岬容疑者(26)を、公然わいせつの疑いで逮捕したそうです。もともと藤田容疑者は多数のヌード写真集を出しており、撮影に関連した著書もあるカメラマンだそう。きっとモデルの方はそれに安心して、まさか法を犯しているとは知らずに撮影会に参加してしまったのではと思ったのですが、実際はどうなのでしょうか。岩沼署によれば、仙台空港の滑走路付近で柵などがないため、誰でも自由に出入りできるばしょで撮影をすることにしたようで、佐藤容疑者に支持を出してわいせつなポーズをとらせているところを、釣り人が目撃して通報したのだそうです。藤田容疑者は今年の5月に、2時間2万円で参加者を募ったのだそうですよ。うーむ、芸術だったのか、単なるアダルト的な写真撮影会だったのかが気になるところですが、写真家の方がまずはOKかどうかの確認を取ってから行ってほしかったですよね。まさか釣り人に通報されるとは、思ってもみなかったのかもしれませんが。。。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
copylight © 求人のすすめ. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。