求人のすすめ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/31
2010 Tue
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 毎年夏太り
夏バテには縁の無い人生を送ってきました。どちらかと言うと夏太りするタイプ。何をしなくても汗をかくから油断しちゃうみたいで。。カロリー消費してかいてる汗じゃないことは分かっているはずなのに、ついつい飲んじゃう、食べちゃう、しかもエアコン依存な生活を続けていると・・ガチで太ります。ええ。今年の夏は猛暑だから~って関係なく太る。子どもが生まれてからは余計です。しかも今年から小学生は二人。さらに男子!三食プラスおやつ三昧でも子どもたちは全く無駄肉は付きませんが、母には無駄な肉ばかりが付きました。あーもう 自業自得過ぎてツッコミすら入れられません。国際通信社の各雑誌ではダイエット特集とか組みませんよね。農業や食育にはページを割いてるのに、ちょっと不思議。ダイエットビジネスってかなり儲かるんじゃないかと思うんですけどね。ビジネスモデルとして取り上げるには、市場が不安定すぎるのかな。
それにしてもこの緩みきったカラダを何とかしたいです。1、運動をする。2、食事制限をする。3、とりあえず最低気温が25℃を下回るまでは出来るだけ暴飲暴食を避けてやり過ごす。・・・実践できそうなのは絶対3だなあ(苦笑)。ダンナも夏太りで悩んだ末、ついにビールを止めて、ゼロカロリー酎ハイに手を出してます。いやー それじゃ痩せないと言いたいけど、本人はイケると踏んでるみたい。とりあえず痩せるようなら私もトライしてみよう(鬼嫁)。



国際ジャーナルの取材で・・
報道通信社|報道ニッポン
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
スポンサーサイト
08/29
2010 Sun
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 世界的な食料確保の流れ


数年前の石油価格の異常な高騰によって、日本の経済 も大きな影響を受けてい
ますが、今年は食料の供給についても注意が必要かもしれません。世界的に、食
料危機hの拡大が懸念されています。これ はロシアの小麦禁輸などの影響があ
るのかもしれません。アジアやアフリカの途上国では、食品の値下げを求める暴
動まで起きたことについては、 常に注意が必要ではないかと思います。国際
ジャーナルでも、これからの食料供給のあり方についての提言を行ってもらいた
いところですね。中 国、インドなど新興国の食料需要は伸びる一方ですが、世
界的な人口増加、穀物市場に流れ込む投機マネーなど基本的な構図は原油価格が
高騰した 当時と同じではないかと思います。この点については、食料を世界か
ら輸入している日本においても、充分に注意していく必要があると思います。
農業生産は自然条件に左右されるものですから、火山の噴火など異常気象をきっ
かけに危機が再発する懸念は消えないといえます。今回ロシアで発 生した小麦
の禁輸措置については、あらためて食糧安全保障のあり方を考える機会になるの
ではないかと思います。日本でも食料自給率の問題など について、さらなる議
論が高まることが求められます。




shopping.coresv.com
経済情報誌 報道ニッポン 2008年11月号のご案内 | 報道通信社
08/27
2010 Fri
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル めばえ
国際通信社グループの「国際ジャーナル」「報道ニッポン」「現代画報」で、
子供をテーマにした特集が組まれている事があったように思います。

「少子化」と言われていますが、最近は近所のスーパーへ出かけると妊婦さんや赤ちゃんを
連れたお母さん、小学校入学前くらいの子供を連れたお母さんをよく見かけます。
私は妊婦さんを見ると、こちらまで幸せな気持ちになります。

月曜から金曜まで、夕方のある番組で「めばえ」というコーナーがあります。
それは、生まれてまだ間もない赤ちゃんを紹介するコーナーです。

「出産」というのは、この世で最も大仕事だと私は思っています。1つの命を生むわけですから
本当に大変だと思っています。
「めばえ」のコーナーでは、生まれたばかりの赤ちゃんだけでなく、無事に大仕事を終えた
お母さんも紹介されます。
そのお母さんの顔は、どの人も本当に素敵な顔をしているんです。
赤ちゃんを見る目がもうすっかり「母親」の目なんです。とても偉大な姿を紹介しています。

またすでに上の子がいるところでは、出産を終えたお母さんのそばで一緒に赤ちゃんの様子を
見ている姿も映されます。
ある日の放送で、2,3歳くらいの男の子だったと記憶しているのですが、赤ちゃんの顔をみて
「赤ちゃん、変な顔しているね」とお母さんに言っている様子が映っていました。
するとお母さんは笑いながら「だって、生まれたばっかりだからね」と優しい口調で答えて
いました。その会話はなんだか微笑ましくて、私まで笑顔になりました。

お父さんは・・・というと、大体の方がニコニコしながら赤ちゃんを抱っこして「将来は
大物になってほしい」という夢を話しています。
今まで見た「めばえ」のコーナーの中で「この子、大物になりそうだな」というくらい

大きな声で泣いている赤ちゃんをたくさん見ました。これからの「めばえ」は、私の唯一の
楽しみです。



経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内 | 国際通信社
gourmet.gob.jp
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
08/26
2010 Thu
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル リサーチの電話
ある日、我が家にかかってきた電話のことなのですが・・・。

1本の電話がかかってきました。すると女性の声で録音された音声が
流れてきました。「こちらは○○リサーチセンターです」から始まり「録音による音声で大変
失礼いたします」とのことでした。「現在、選挙による調査を行っております」と続けてきました。
用件の部分だけ聞いてみると、今現在、あなたはどの党を支持しているかの調査をしている
のだそうです。。プッシュボタンを押して、どの党を支持しているか番号を押してほしい、と
のことでした。私は、その段階で電話を切りました。
私が、どの党を支持しているか教える必要はない、と思ったからです。
電話がかかってきたということは、支持している党を答えた時点で変に登録でもされたら
たまらない・・・とも思いました。

20歳になって選挙権が与えられたときから年数が経ちますが、初めてそのような電話を受けました。
今までの選挙の際にもおそらく、同じように「どの党を支持するか」のリサーチ電話をかけておられた会社かもしれません。
ただ、「国民が注目している選挙」とテレビでもよく聞いたことがありますので、勝手な思い込み
ですが今まで以上に調査をしているのかな・・・と思ったりもしました。
ひょっとしたら、今回のリサーチの結果がテレビや新聞で報道されるのかもしれませんね。

途中で切ったリサーチ電話ですが、結果どうなるんだろう・・・というのはちょっと気になります。



国際ジャーナル 国際通信社発刊
あゆみの取材で・・報道通信社
08/25
2010 Wed
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 残暑は続く・・・
いやはや、立秋を過ぎても、というか、立秋あたりから余計に?という気がするほ
ど、毎日毎日暑いですね。

会社が無くなり、早、一ヶ月以上経ちました。
幸い次の就職先も決まり、見習い中の私です。

が、元同僚からの残暑見舞いメールには、「未だ、長ーい夏休み中」との文字が・・
・。
なかなか、理想通りのところに就職するのは難しいです。

夢や信念を抱えても、現実の前には、変更やら断念やらを余儀なくされることも多々
あります。
これが、まだまだ未来ある若者なら、我慢やら、不屈の精神やらまっすぐな心やら・
・・プラス志向で向かえるのかも知れません。
たとえ、挫折したとしても、立ち直れる貴重な時間は事実上たくさん残されているの
ですもんね。

私を含め、元同僚たちは、中年の域ですから、なかなかそうは行きません。
きっと、皆、葛藤やジレンマに日々恐々としているのではないかな?と思います。

素直できらきらしていた若き日の心には戻れませんが、幾多の波を乗り越えてきた経
験値を生かせる仕事がきっとある筈!
でも、現実は厳しい。
他所の癖に染まりきった小難しい大人を、そこそこの給料で雇うより、まっさらな若
者を育てあげたい、これから長年勤められる人間を雇いたい、と企業側は思う気持ち
も強いでしょう。
私たちも、気持ちだけは新しく飛び込んでいきたいものですよね。
生涯、勉強、です。

だから?企業の皆様、せめて面接してから判断を下していただきたいと、一中高年と
しては切に願っております。


国際進のジャーナル
経済情報誌 報道ニッポン 2009年6月号のご案内
08/23
2010 Mon
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 児童相談所全国共通ダイヤル
先日の新聞に載っていたのですが、大阪府が8月17日に児童虐待の通報を
受け付ける「児童相談所全国共通ダイヤル」の番号が長すぎるとして、
「110番」のように3~4ケタの覚えやすい番号に変更するようにと、
橋下知事名の要望書を厚生労働省に提出したそうなのです。

現在の番号は0570から始まる番号になっているようです。
厚生労働省が設置する共通ダイヤルは、通報すると管轄の児童相談所に転送
される仕組みになっているそうなのです。3ケタにする場合、システム設定
などで数十億円もの経費がかかるとみられているようですが、要望書では
「国の借金残高900兆円の状況からすると、未来を担う子供の命を救う
経費としてそれほど大きなものとは感じない」としています。

早期通報を呼びかけるテレビコマーシャルの放映を近畿2府4県などで
8月9日から開始されています。橋下知事は「番号が分かりやすくなると
もっと効果がある」と指摘していました。
つい最近、大阪市で幼い子供を置き去りにした母親の事件が大きく取り上げられ
ました。その事件以降からコマーシャルが放映されているように思うのです。
もちろん、以前には雑誌「現代画報」でも「虐待」については取り上げられていた
ので本当に大きな問題なのです。
「虐待なのでは」と通報された事が間違っていても構わないと思います。
子供の幼い命を救うためなのです。世間で守るべきなのです。


現代画報
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年7月号のご案内
08/22
2010 Sun
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル トイレに次男監禁、初公判認める!
東京都練馬区の自宅で2月、当時中学3年だった次男がトイレから、別居中の長男の
手により助け出されました。

その時の二男は、身長165センチなのに、体重は40キロに満たななかった。そし
て、骨折や無数の傷があったそう・・・

二男はトイレに10日間監禁されていた。



監禁罪に問われたのは、母親で無職の中島まゆみ被告と、交際相手で音楽教室経営の
川崎輝久被告。

8月18日におこなわれた初公判では、両容疑者とも起訴内容について認めました。



検察側は冒頭陳述では、両容疑者が同居を始めた昨年8月ごろから、次男へ暴力をふ
るうようにり、

暴力を振るう際、電気コードや角材を使ったり、ライター用のオイルを次男の手に垂
らして着火するなどの行為をおこなった。

そして暴力行為の発覚を恐れ、病院に連れて行かないだけでなく、二男の通う中学校
には「学校内でいじめにあった」という、

嘘の手紙を出して学校を休ませていたと、悪質極まりない行為ですよね。



起訴状などによりますと、今回のトイレ換金は中島被告と川崎被告が共謀し、次男に
食パンなど渡したうえで、

2月4日夜~11日朝と、12日未明~14日午前11時ごろまでの間、自宅のトイ
レに閉じ込め、

その上、外に出られないよう、ドアの外側から木片をねじで固定したとされていま
す。



また、空腹のあまりスーパーの試食をつまんでいて、帰宅が遅くなった二男に

暴力を振るったこともあった、と一部で報道されています。



過剰していった虐待、両容疑者のストレス解消だったとしか思えません。




仁の取材 報道通信社ブログ
報道通信社|報道ニッポン|記者サイト
08/21
2010 Sat
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 黒田アーサー、交際発覚
俳優の黒田アーサーさん(49)といえば、「同情するなら金をくれ」の安達祐美さんとの交際やら、2007年2月に23歳年下の女性と結婚し、08年8月に離婚していることなど、年下大好きなイメージありませんか?そしてまた、黒田さんの熱愛発覚ということですが、案の定17歳年下の自営業の女性(32)だそうですよ。黒田さんの事務所のコメントでは、「きちんとした交際をしていると聞いています」ということですが、結婚についてはまだ報告は受けていないそう。ただ結婚も視野に入れているようですとコメントしていることから、かなり真剣なお付き合いなのかも。黒田さんといえば、一部の報道では元タカラジェンヌの森奈みはるさん(42)とのデートが報じられていましたが、事務所に寄れば、「本人もそれは間違いで、ほかにきちんと交際している人がいると話していました」ということらしいです。ちなみに、次に黒田さんが登場するのは9月の都内で行われるイベントだそうですから、そこで何かしら黒田さんの口からコメントされるのではないかとみられているそう。いつもかなり年下と付き合っては破局しているので、どうなんでしょうかねえ。今回は、結婚までたどり着くのかな?
取材日記 国際通信社
現代画報 詐欺・強盗事件の増加と若者 現代画報社
08/20
2010 Fri
報道ニッポンと現代画報の特集記事 中国の軍事力と今後の国防


お隣の国の中国ですが、経済的に非常に 力をつけてきています。これからはア
ジアの大国として、中国のイニシアチブが高まってくるのではないかと思いま
す。単に経済的な発展だけ ではなく、中国の軍事力についても注意をしていく
必要があるのではないでしょうか。中国の軍事力はどれくらいの実力なのでしょ
うか。この 点については、国際ジャーナルでも詳細な分析を行ってもらいたい
ところですね。最近は、中国の急速な軍拡が脅威ではないかという論調も増えて
います。実際のところはどうなんでしょうか。仮にアジアの 海の安定を損なう
ようなことになれば問題かもしれませんね。日本の安全保障にとっても、中国の
軍事力 についてはこれから警戒心が高まってくるのかもしれません。軍事力を
強めるにつれて、中国は外交面でも強圧的な姿勢を見せ るようになるのでしょ
うか。南シナ海では チベットや台湾と並ぶ核心的利益であると中国は主張して
いるそうですが、これからどのようになっていくので しょうか。米韓が黄海で
計画している軍事演習では、中国が米空母の参加に強く反対し、米中の対立が強
まっている状況もあります。日本としても、新しい国防の考え方 が、これから
必要な時代になってきているといえます。




ペットジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルとうい媒体
08/18
2010 Wed
報道ニッポンと現代画報の特集記事 婚活詐欺
昨年の事件に結婚詐欺もありましたね。
ネットニュースを見ていたら、ちょっと目に
飛び込んできたので・・・・

そのニュースは、韓国でのこの事件の取扱が
事件そのものより、もっぱら、
「いわゆるおデブ」だった事や
「熟女」だった事に信じられない、という意見が
多いというものでした。

どうやら、韓国では、太っている=自己管理が出来ない、
という判断らしく、まったくモテの対象には
ならないとか。おまけに熟女なんて、
問題外らしいです。

この極端さは、国民性の違いもあるのかもしれませんが、
あのニュースを見て、確かに特別「いい女」でも
なさそうなのに、一体どんな魅力があるんだろう?と
私のまわりでも囁いていた人も多かったような・・・




国際ジャーナルの取材で・・
報道通信社|報道ニッポン
08/17
2010 Tue
報道ニッポンと現代画報の特集記事 マナーとか気配り
毎週、中央本線の特急に乗るようになってから
早、数ヶ月。
さすがに今の時期には少なくなったけれど、
夏には、都内からちょい遠く、位の感覚だからか
山登りスタイルの老若男女がたくさん乗車しておられました。
東京都内では、高尾山に登る若い方が増えたようですし、
ちょっとしたブームとなっていましたね。
でも、とっても困ったのは、ここ数年はそんなに混まずに
座れていた電車だったのに、指定席をとらないと
座れない、などということが数回続きました。
指定をとらない私もうっかり屋で困ったものですが、
山登りのリュックはなかなか頑固な荷物で、
人一人分くらいはスペースをとってしまうんですよね。
混みあっているときは、ちょっと大変でした。
ブームに乗るだけじゃなく、長く楽しんでいくためにも
マナーとか気配りなんてのも必要なのでは?なんて
思ったりして。
国際ジャーナル
国際ジャーナル紀行
08/16
2010 Mon
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 ダンテさんのプロポーズの言葉
ダンテ・カーヴァーさんと聞いてピンと来られる方は、なかなかのソフトバンク通ではないでしょうか?ダンテさんは、ソフトバンクモバイルのCMで白戸家のお兄さん役を演じている黒人のタレントさんです。実はそのダンテさん、7月15日に都内渋谷のライブハウスで行われた「ドン・キホーテ」の「Best of COSU MODE POWER 2010」の授賞式に、登場されたそうです。もちろん、和服を着こんでブーツを合わせるという、坂本龍馬風のコスプレで!そしてダンテさんと言えば、数ヶ月前モデルさんと親しくデートしているなど、交際が噂されていたばかりですが、なんとその(?)元モデルの女性と結婚したばかりなのだそう。会場でも祝福され、「ありがとうございます。すごくハッピーです」と笑顔でコメントされていたようですよ。ちなみに、ダンテさんがそのモデルさんの奥さんと知り合ったのは、2年ほど前だそう。気になるプロポーズの言葉は、「Will you marry me?(結婚してもらえますか?)」だったとのことです。ちなみにダンテさんが奥さんにしてほしいコスプレは、「エヴァンゲリオン」なんだって!ビックリです!結婚のことは、CMで共演しているワンコにはまだ伝えてないそうで、ちょっと心配だとか。ダンテさんが出席されたこのドンキのイベントは、ドンキが「もっと自由に!もっと大胆に!もっと格好良く!」をスローガンに、新しいファッションモードを提案するイベントで、テリー伊藤さんがプロデュースしているそう。

現代画報の日々取材
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々
08/12
2010 Thu
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 高齢ドライバー

国際ジャーナルに「高齢ドライバーの事故防止に向けて」の記事が出ていました。
高齢者の運転による交通事故は年々増加傾向にあり、
65歳以上の高齢ドライバーが原因となる事故件数が
今や10年前の約2倍に上っている都道府県もあります。

高齢化が進む現代日本では、
当然のことながら自動車運転免許を持つ高齢者の割合は増加しています。
特に高齢ドライバーが原因となる交通事故で近年目に付くのは、
認知症の傾向がある高齢者により引き起こされたものです。
高速道路を逆方向に走行し、正面衝突して重傷を負った高齢者が、
「左側を走っていたのにどうして悪いのか」と
警察官に訴えるケースもあったそうです。

各都道府県では、ある一定の年齢を基準として
免許更新時に認知昨日検査を導入し、
専門医の診断結果によっては運転免許の取り消しや停止処分を下すなどの
対策をとっていますが、
制度強化による運転の規制だけでは事故防止に限界があると
警察庁は指摘しています。
健康状態を把握し、車の鍵をしっかり保管するなどの家族の協力が
高齢ドライバーの事故防止には不可欠であると思います。

国際ジャーナルを発見
国際ジャーナル、報道ニッポン、現代画報
08/11
2010 Wed
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 本の魅力
最近、古本屋さんのブログにはまってます。買取の苦労話に始まり、やはり本に関する話題が尽きません。本は好きだけど、お気に入りの作家以外はなかなか冒険できないタイプ、しかも書評家がオススメする本に対してなぜか懐疑的になってしまう自分にとって、古本屋さんに流れてくる未知の本のタイトルの数々は、妙に魅惑的に写ります。古いから魅力があるのではなく、店主の愛着がこもった優しい目線を感じるのかもしれません。実際、新しい本を紹介されていても、すごく欲しいなあと思ってしまいますからね。これも知らない、あれも読んだこと無いとなると、少し恥ずかしくなって、今すぐそれ買います!とモニター越しに叫びそうになります。今はネットで何でも買える時代だけれど、本だってアマゾンでワンクリックすれば買えるし、実際買ってるけど、古本屋さんに直接行って本を手に取りたいと切望している自分に気づきます。現代画報で何度か本を読むという記事が載っていますが、ホント、本を読む楽しさ、ページを繰って進んでいくときの高揚感、iPadでは替えられない感触というものがありますよね、本には。それにしても、古本屋ブロガーの皆さん、ホ・・鵐箸吠絃呂・セ綣蠅任后・世討頬椶任竿咾鮨・戮討④討覆い錣抜郷瓦垢襪海箸靴④蝓2撞戮漾∋劼匹發鯱△譴匿静長圓海Δ・福・△辰噺世錣擦討笋蠅燭い任后・・・・・・
国際ジャーナルから発展して
占い日記
08/10
2010 Tue
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 携帯型熱中症計
連日続く猛暑で、にわかに人気が高まっているのが日本気象協会開発の「携帯型
熱中症計」だそうです。

昨年6月の開発直後からいち早く注目し、1人暮らしの高齢者に無料配布するという
取り込みを続けているのが、国内最高気温が40.9度もの記録を持つ埼玉県の熊谷市
です。市などによると、全国でも珍しい事業だといいます。民生委員が直接訪れて手渡し、
注意喚起するそうです。高齢者の見守り対策としても役立っているそうです。

さて、この「携帯型熱中症計」が縦6センチ、横が5センチほどのもので、気温と湿度を
計測し、日本気象協会が独自に算出した「熱中症指標値」をもとに、危険度を「ほぼ安全」
から「危険」までの5段階にわけてランプとブザーで知らせるものだそうです。見た目は
キッチンタイマーのような感じでしょうか。私はそう感じたのですが・・・。

この熱中症計を配布されたある高齢者がさっそくチェックしてみると、室内は気温30度、
湿度81パーセントで危険度は上から2番目の「厳重警戒」が表示されたそうです。危険だ
と感じ、クーラーの電源を入れたそうです。

国際通信社から発行されている雑誌にも「高齢者」に関する記事が様々な内容で載っている
ように思いますが、地域ぐるみで高齢者を見守る・・・ということは良いことかもしれませ
んね。ただ、子育てに関する取り組みもぜひ地域でどんどん行っていただきたいですね。


現代画報との出会い
press-blog | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
08/09
2010 Mon
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 偽サイトに誘導、詐欺で商品詐取
通販ではクレジットカード決済は極力避けた方が良い。最近は不正防止のため面倒な手続きを要求するサイトも増えてきたが、まだ、カード番号と暗証番号だけで済むところもあるのだろう。警察関係もまず法律改正して、このようなクレジット販売は違法にすべきである。クレジット会社にしてみれば、手続きが面倒だと顧客のカード離れになるから、業界が率先して自主規制で手続きを複雑にして不正使用を防止する方向には恐らく行かないだろう。そして、フィッシングのページの場合は、そのようにしても不正は防げないという問題がある。こちらはユーザーが注意して、サイトの認証が成されているかキチンと確認する必要がある。個人的な経験だが、10年以上も前に、どうしても海外サイトから購入をする以外に方法がなかったとき、クレジットカード番号と暗証番号だけで購入できるシステムであったので、購入後、即、カード会社に暗証番号変更を依頼した記憶があります。それまでは、サインをして始めてカード使用がOKになると思っていたので、その時は、このようなカード使用方法あることに衝撃をうけたものでした。





月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年8月号のご案内 | 現代画報社
shopping.coresv.com
08/08
2010 Sun
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 いつまでも美しくいたい
国際ジャーナルに異業種企業の化粧品市場進出の記事を見つけた。
写真フィルムの会社が化粧品を作る理由はというと、フィルムの材料は1/2がコラーゲンだそうで、
その他にも化粧品作りに活かせる技術が沢山あるのだそうな。
その他にも食品関係や宝飾関係の企業も次々に参入している。

女性にとって“いつまでも美しくいたい”というのは永遠のテーマであろう。
かのクレオパトラも美しさを保つためにミルク風呂を始めとした数々の美容方法を試したと言うし、楊貴妃に至ってはコラーゲンを食していたそうだ。

女性は美しくなるためにはお金を惜しまない。それぞれ限度はあるけれど、多少の無理くらいはするものだ。その欲求が集まる市場は大きなお金が動くのだろう。更に最近は男性までもが美容に気を使う時代になっているから、市場規模は暫く小さくなりそうもない。

が、歴史に残る美女には共通点がある。それは決して外見だけが綺麗な“お人形”的な存在ではなかったという事で、つまり優れた社交術があったり、慈愛に溢れていたりと、
内面の美しさがあったという事だ。確かに今も自身が本当に美しいと感じる人は、振る舞いが優雅であったり、生き方が凛としていたりする。
それでも、同じ振る舞いや生き方をするには長い時間と修練を必要とするから、せめて同じ美容法をと思い、今日もせっせと化粧品を消費するのだ。

現代画報 紀行
報道ニッポン | 報道通信社 | 働くということについて
08/07
2010 Sat
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 観光ビッグバン
現代画報に、「観光ビッグバン」で迎える 日本の観光戦略転換期 、
という特集がありました。

不景気による日本経済の低迷に加え、
今後も人口減や高齢化の影響により、日本の個人消費は低迷基調が続くと見込まれます。

それに伴い、小売・外食・観光などの消費産業の未来は暗いと考えられがちです。

しかし日本人の経済力が衰えたとしても、
外国人の経済力に期待することはできると思われます。

外国人観光客の消費は、日本人観光客の減少に苦しむ観光地を潤すだけでなく、
小売・外食・交通など広範な消費産業を活性化させます。
また訪日観光客が大幅に増えれば、外国人を誘致することで地域を活性化する取り組みにも余地が広がります。

また日本は、世界の中でも成長力の高いアジア・太平洋地域に位置しています。
特に急成長を続ける中国の隣に位置するという好立地に恵まれており、
さらに今年、中国人観光客に対する規制が緩和されたことは、
日本の観光戦略に大きな意味を持ちます。

かつて日本は工業製品ばかりが目立ち、
人をひきつける魅力に欠けていたように思いますが、
現在の日本には、考えうるだけでも外国人をひきつける要素がたくさんあると思います。


日本食が世界に広まったことにより、さらに魅力を増した日本の寿司、
日本のアニメ、日本の若者風俗やファッション、温泉や北海道の雪景色など、
世界に誇れる日本の文化は数多く存在します。

国としても、これらの日本文化に自信を持ち、
ますます日本の魅力を世界に向けてアピールすることで、
観光業の発展と共に日本経済の活性化に結びつけてほしいものです。

報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感
国際ジャーナルで読み解く
08/06
2010 Fri
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 迫り来る食糧危機とは
報道通信社の報道ニッポンの、報道特集が気になりました


“迫り来る食糧危機”



食糧危機って・・・

日本はいつから、食糧豊富な国になったのでしょうか?

自給自足の出来ない、資源も少ない上に、農業普及率も減退しているはず。



最近農業に関心のある方々が増えてはいるようですね。

都心のビルの屋上や、都心近郊の貸農園での野菜作りが、流行っているみたいですが

「貸農園で野菜作り」

う~ん、どこまで続くかな。。と思います。

私は家の庭に少しばかりの畑を作っていますが、自宅の敷地内だから作ってる、

近くに貸農園はありますが、徒歩3分もかからなくても、そこまで行ってまで・・・

と、考えてしまいますので、わざわざ通ってまでの菜園作りは、よほど好きではないと


一時の流行りで終わっちゃうかな~

新鮮で無農薬、そして自分で育てた野菜を食べたいから、貸農園を利用する。

しかしその行動とは反対に、日本人は食糧を無駄にしていませんか?



以前に、「曲がったキュウリが気持ち悪くて食べられない」と言った人がいました。

この人の考えは超例外ですね・・・(笑)



野菜が多く出来すぎると、農家の人は廃棄します。

価格調整の為です。

畑のそばに大量に捨てられている大根を、目にした事がありました。

その時農家の人に、売り物にはならないから、好きなだけ持っていって良いと言われました。



お店もそうです。

食中毒の面が大きな要因だと考えますが、出来てから30分以内の商品しか提供しない


というこだわりなども良く耳にします。

某ラーメンチェーン店に勤めていた時、とにかく賞味期限にうるさく、時間が過ぎると


ポイポイとゴミ箱に捨てる行動には、かなりショックでした。

もちろん、廃棄が多いと本社からクレームがきますので、出来るだけ廃棄を

出さないようには努めますが、それでも読めない客の入りしだいでは廃棄は免れません。




コンビニもスーパーのように、賞味期限切れ間近のお弁当類を、価格を下げて提供すれば良いのでは?

昔、某コンビニの店長に知り合いがいて「期限が切れたから、好きなだけ食べて良いぞ」と、

期限の切れた、お弁当・サンドイッチ・菓子パンなどを出してくれました。



日本は食にあふれていると勘違いをし、企業もそれに答えているのかしら。。(笑)



“迫り来る食糧危機”ではなく、“常に食糧危機”なんだと自覚の薄れている日本人。


お茶碗のコメ1粒も残すな!と言われた昔は、もう日本には残ってないのでしょうか・・・

opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルの願い
08/03
2010 Tue
国際ジャーナルと現代画報の特集記事 蒸気機関車
現代画報」の表紙に、栃木県、真岡鉄道を走る蒸気機関車の写真がありました。

いいですね。蒸気機関車の姿。鉄道ファンにとってはこたえられない風景でしょうね。


鉄ちゃん、鉄道オタク、鉄子などなど、鉄道ファンを示す言葉もずいぶんと浸
透してきましたね。

 鉄道ファンにもいろいろあり、乗ることが好きな乗り鉄、写真を撮ることが好
きな撮り鉄などと、同じ鉄道ファンでもそれぞれ、得意分野があるようです。

 しかし、オタクと言われるだけであって、例えば電車に乗っていても、あるポ
イントに差し掛かった時の車輪とレールとのきしみの音が好き、なんてことがあ
るのですね。その音が聴きたくて乗ったりするとか。
 ものすごいこだわりがあることには感心してしまいます。ほんとに電車が好き
なんだなぁと思います。

 「鉄子の旅」という漫画をちらっとななめ読みしたことがあるのですが、冒頭
見ただけでこれはなかなか面白い、と思いました。
 限られた時間の間にあるローカル線を踏破(乗破?)するため、時刻表を徹底
研究して時には反対方向に乗り換えて時間をやりくりする、なんていう涙ぐまし
い努力が描かれていました。

 これは一度、しっかり読んで鉄道の楽しみを知りたいと思います。
 のんびりした旅、時間のやりくりをするスリリングな旅、どちらも楽しそうで
すね。




国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報
評判の国際ジャーナル
08/02
2010 Mon
国際ジャーナルの対談取材 ほんの少しの心配りが熱中症から守る
毎日暑い日が続いています。「猛暑」といわれるような気温にまで上がり、
多くの人が汗を流しながら、大変な思いをされていると思います。
とは言いながら、私も毎日汗を流しながら家の用事をしたり外出したり・・・。
大変つらい状態です。熱中症には十分に気をつけたいと思っています。

熱中症発症時の行動は「労働」が42パーセント、「日常生活」が30パーセント、
「スポーツ」が28パーセントでした。その中でも「日常生活」というのは
屋外と屋内がほぼ半数ずつだったといいます。

屋内で熱中症を発症した人のうち、大半を占める65歳以上の高齢者について
エアコンとの関連を調べると90パーセントはエアコンがないか、停止していたという
結果が出ています。重症率はエアコン使用者の20パーセントに対して、エアコンが
ない場合は72パーセントに達したのだそうです。

高齢者の使用率が低い原因は「冷えすぎを嫌う」「節電意識が高い」「熱への感受性が
弱く、高温高湿の状態を感じにくい」などが考えられるそうなのです。
以前、雑誌「現代画報」でも高齢者に関する記事が載っていたかと思うのですが、
高齢者になると体力だけではなく、外から感じるものも弱くなってきているという
ことが分かりました。周りの人、近所の人などの声掛けひとつで熱中症を防ぐことが
できるかもしれません。周りの人も大変かもしれませんが、ほんの少しの心配りと
いうものが1人の人間の命を救うことができるのではないでしょうか。


現代画報 料金と価値 現代画報社
国際ジャーナル文芸批評
08/01
2010 Sun
国際ジャーナルの対談取材 うなぎより餃子?
先日の7月の土用の丑の日にうなぎ弁当を食べた人が食中毒になったというニュース、不謹慎ですが、暑気払いにうなぎを食べたのに空しすぎると思っちゃいました・・。でも、何か元気の出る、精のつく食べ物というと、やっぱりうなぎですよ。報道ニッポンの地域特集で浜松を取り上げますが、浜名湖のうなぎは他と違うんでしょうね。でも、最近の浜松はうなぎより餃子が有名になってきてるみたいです。浜松で検索すると、うなぎじゃなくて餃子が先に来ますからね。えー いつの間に餃子が台頭してきたんだろう?ちょっと調べてみたら、出てくる出てくる!浜松駅前は餃子店激戦区になってるし、市内に約80軒も餃子専門店があるし、浜松餃子学会のホームページまであるんですね~。餃子がご当地グルメだったとは知らなかったです。餃子の消費量は全国一、ニを争うんだそうですよ。へえええ。浜松餃子の特徴は、餃子に茹でたもやしが添えられているということ、自家製ダレ、自家製ラー油は当たり前というところ、さらに店によってレシピが多種多様であるということ。もやし~、確かに合うかもしれませんね。富士宮やきそば、静岡おでんなどのB級グルメブームに乗っ・・董・余擾Ⅶ劼發甘・魯哀襯瓩砲箸匹泙蕕此∩換馘験・垢覯椎柔④皀▲蠅任靴腓Δ・I當未暦Ⅶ劼箸匹海・磴Δ鵑任靴腓Δ諭0貪挧楙譴良余擾Ⅶ劼鮨・戮討澆燭い任后・・・・・・
報道ニッポンで取材されました
opem-press.org | 報道ニッポン | 報道通信社
copylight © 求人のすすめ. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。