FC2ブログ
求人のすすめ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/31
2010 Sun
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 高城さんのインタビュー記事は偽物?!
女優の沢尻エリカさんの旦那様といえば、マルチクリエーターなんていう方が気のの高城剛さんですが、なんでも高城さんのインタビュー記事が載っている雑誌で、実際にインタビューされている人は自分ではないと主張しているそう。10月29日の自分のブログで、「偽モノ注意!」のタイトルで、最近僕の偽モノがあちこちに現れるそうで、今週の週刊新潮にも僕のインタビューが載っているが、インタビューを受けた事実は、一切ない、正しい報道を心がけていただきたいと常々思う、良識ある皆様は、邪心を持った一部メディアの思惑に、何卒ご注意くださいと載せているそう。ちなみにブログには、アディダスのパロディー商品で、魚のアジがロゴに入ったTシャツ「アジデス」の写真も一緒に載っているそうで、笑っちゃいました!ちなみに週刊新潮は、28日発売の最新号で、高城さんが沢尻エリカさんとスペインのマドリードにある沢尻の個人事務所で会って、お互い納得できたところで合意したと載せてしまっているそう。週刊新潮編集部は、高城剛氏が指定した代理人を通じて取材していますとコメントしているようですが、うーん、なんだかグレーな感じですよね。こういうインタビュー記事って、信じちゃいそうですよね!

報道通信社|報道ニッポン|記者サイト
取材日記 国際通信社
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
スポンサーサイト
10/27
2010 Wed
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 秋を超え冬?今年の冬の予想は…
先月の今頃まで、猛暑が続いていたはずですが・・・

あっという間に、秋、すっかり冷え込んできましたね。



そして今週は、あちらこちらの山間部で雪の予報、都心では木枯らし1号が吹くので
は?

という天気予報に、ビックリしています。



日に日に寒くなるのは当然ですが、寒暖の差が激しすぎるのは、今年の冬に傾向と似
ていますよね。

それに昨年の12月は、暖かい日が続き、大掃除が楽だったと記憶。

日本は4季ではなく、3季になってしまうのではと、少々心配しています。

その上、もしかすると、秋を通り越して冬になってしまうのでは?と考えてしまって
います。



なんだか日本本土でもそのうち、コメの二二毛作ができるようになってしまうかもし
れませんね~



ところで、 気象庁が11月から来年1月までの3カ月予報を発表しましたね。

11月までの気温は高めで、12月は一転、冬型の気圧配置が強くなるため気温が低めの
傾向。

そして、来年1月の気温は平年並み。



12月の気温が低くなるのはラニーニャの影響とされていて、太平洋赤道域の南米寄り
の海面水温が

平年より低くなると予想、結果、日本付近では偏西風が南に蛇行するため、北から寒
気が入りやすく

なるそうです。



とにかく、寒波にならないよう願うだけです・・・


国際ジャーナル批評
子育てジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
10/23
2010 Sat
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 処理速度が速くなったATM
新聞に載っていたものなのですがセブン銀行が10月18日に、取引時間が従来
よりも約3分の2に短縮されたATMを開発したと発表したそうです。
よく利用される人にとっては嬉しい話なのではないでしょうか。

このATMは11月から都内でテスト設置を始めるということです。そして
2015年までには全国約1万5000台のATMを順次、新型と入れ替える
ということです。

今回載っていたATMは、1秒あたりの紙幣処理速度が倍になったようです。
例えば、1万2000円を1万円札と千円札2枚で出金する場合、取引時間
は36秒かかっていたようですが、今回開発されたATMは24秒に短縮
されるということです。
消費電力は従来の約半分に抑えたといいます。

確かに急いでいるときなど、ほんの少しの時間でも「長く待っている」という
気持ちになってしまうことがあるかと思います。
そういったときにやはりスムーズに処理をしてくれると利用する側としても
ありがたいと思いませんか。
スーパーなどにもATMが設置されているところが数多くあるかと思います。
やはり、そういった場所のATMでも処理速度を速めたものにしていただきたい
と思います。スーパーなどでは利用者というのがかなり増えると思うのです。
幅広い年齢層が利用するATM。処理速度ももちろんですが、もっと分かりやすい
画面表示が必要だ・・・という意見もあるかもしれませんね。


子育てジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルから学んだ
10/21
2010 Thu
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル フジテレビが不適切表現で謝罪
毎週日曜の深夜に放送されている情報番組「Mr.サンデー」で、

女性誌の特集については、あらかじめ取材した上で登場してもらった

愛読者であったにもかかわらず、偶然、街頭で見つけたような

演出していたそうです。



それについて不適切だったと、同番組内で司会の宮根誠司さんが

謝罪していましたね。



フジテレビによると、内容は女性誌の付録についての特集だったそうで、

8月8日と9月26日の2回放送、テーマは2回とも同じだが、

取材対象者は別で、それぞれの回で同じように演出をしていたことを認め、

今後の再発防止に努めるそうです。



こんなこと、今回に限ったことではないし、やらせはある程度、マスメディアには

つきものではないでしょうか。

「テレビの内容は、半々で見ておいた方がいい」、と言われたことがあったので、

100パーセント信用してみていません。

特に芸能人同士のやり取りは、特に・・・



しかし、最近の傾向ではマスメディアが報道すると、それを信じてしまう感じが、

その上、マスメディアの意見に、同調しちゃう傾向がないでしょうか。



報道は自由ですが、でも、嘘はいけませんよね。

テレビという巨大なマスメディアは特に、本当のことを伝えて欲しいです。


月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社
dolce.cms.am
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
10/17
2010 Sun
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 双子のパンダの名前が決定
和歌山県白浜市にある「アドベンチャーワールド」で8月11日に生まれた
双子のジャイアントパンダの名前が決まったそうで、10月8日に命名式が
行われました。

一般公募をした結果、白浜の雄大な海と太陽にちなんで、兄が「海浜(カイヒン)」
そして妹が「陽浜(ヨウヒン)」と名づけられたのです。
誕生時には150グラム程度だった2頭のパンダの体重は、海浜が2515グラム、
そして陽浜が2445グラムにまで成長したそうです。

今回の2頭のパンダの名付け親になった同じ和歌山県の33歳女性は「パンダファミリー
の一員になった気分」と大喜びしているそうです。
「自分の子供に名前をつける気分」で考えられたのでしょうか。
とても素敵な名前だと私は思いました。

ついこの間、兵庫県神戸市にある王子動物園で飼育されていたパンダが亡くなりました。
とても人気があったパンダだったので、多くの人が悲しい思いをしたとテレビを通じて
聞きました。私も、そして私の子供も実は王子動物園のパンダを見たことがあり
家族で大喜びしていたものです。

そんな中、今回の2頭のパンダが生まれたニュースを聞き、とても温かい気持ちに
なりました。新聞で見た写真ではとてもかわいらしいパンダでした。
これからの成長ぶりが楽しみですね。


realestate.ebb.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2009年1月号のご案内 | 報道通信社
10/15
2010 Fri
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 変形性ひざ関節症
先日、ある新聞記事に耳にしたことがないような「症状」についての特集が紹介されていました。
雑誌「報道ニッポン」で「健康」に関する特集が紹介されているかと思うのですが、新聞記事に
載っていたのは高齢女性に多い「変形性ひざ関節症」という症状についてなのです。

加齢とともに関節が痛んで歩行が困難になるものだそうで、国内の患者数は50代以上で約700万人。
予備軍を含めると約2000万人ともいわれているそうです。特に女性に多い病気で男性の4倍とも
いわれているそうです。高齢者が増える今後、ますます要注意の病気なのだそうです。


この「変形性ひざ関節症」になると、歩き始めや階段の上り下り、立ち上がる時にひざ関節が痛む
ようです。正座がしにくい、ひざの内側を押すと痛い、ひざに水がたまって腫れるなどの症状も
みられるそうです。
40~50歳頃から軟骨を構成するたんぱく質が老化で変化するために、軟骨内の水分含有量は減少。
水分が少ない軟骨は弱くなるので、体重を支えることができなくなるのだそうです。
この状態でひざを使い続けると軟骨がすり減ってなくなり、骨と骨がこすれて痛みが起こるのだそ
うです。すり減ってしまった軟骨は元に戻すことができませんが、症状を進行させないように適切
な治療を受けることが大切なのだそうです。

普段から適度な運動が大事なのだそうです。そうすることによって、ひざの強化につながるようで
す。新聞記事によれば、水泳や水中歩行、ヨガや太極拳をお勧めしていましたが、スポーツジムに
行くことが困難な場合は、毎日少しでも歩くことがいいかもしれないと私は思いました。

子供が通う幼稚園には歩いて行くようにしています。そういった小さな事でもひざの強化につなが
るかもしれない・・・と思いました。年齢がある程度になったときに「ひざが痛い」と辛い思いを
したくありませんので・・・。



現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか?
続 国際通信社のブログ旅
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
10/13
2010 Wed
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 和菓子人気の再来
国際通信社国際ジャーナルに、今和菓子が若者に人気があることについての考察が出ていました。
全日本菓子協会のデータによりますと、
和生菓子は2006年に前年比1%増、07年に2.5%増、08年も1%増と3年連続で前年を上回ったそうです。
一方、「生洋菓子」は07年が0.5%減、08年は3%減と2年連続で前年割れだったとのことです。

要因として主に4つの事項がしばしば挙げられています。
1つは、若い世代は金銭感覚が堅実であり、手が込んで価格の高い洋菓子より和菓子のほうが選択されやすいということ。
2つ目は、3年前に「パティシエ・バブル」がはじけて、洋菓子から和菓子に目が向くようになったということ。
3つ目は、和菓子は植物性原材料が多く、脂肪分が少ないため、低カロリーであること。

4つ目は、和菓子は伝統的な年中行事や季節性との結びつきが強く、時期が限定されるものが多いため、イベント性が高いこと。
イベント性の高さが若い層の需要開拓につながっているとの分析です。

個人的には、4つ目の要因が興味深く感じられました。
伝統的年中行事との結びつきを見てみますと、
ひな祭りのひしもちや桜もち、端午の節句のかしわもちは有名どころですが、
それいがいにも年中行事に合わせて家族や友人と一緒に食べる和菓子が色々とあるようです。
1月は花びらもち、2月の節分には豆菓子、4月なら花見団子、6月だと無病息災を祈願する水無月、
7月には夏バテを避けるための土用もち、といったものがあげられます。

自分としても、「季節限定」という文字には弱く、
試してみたい気持ちと、今買わなければ!というあせりの気持ちを持ちがちですので、

そういった若者が多いのもうなずけるところです。

どんな形であっても、日本の伝統的な和菓子が広い世代に浸透し、受け入れられ守られるのは
喜ばしいことなので、今後もこの風潮が続けば、と思います。

ベンチャージャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
報道ニッポン 取材
10/09
2010 Sat
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 日本として新たな中国戦略が必要か?


最近の中国は東アジアの中でも大きな存在感を見せる ようになってきています
が、これからの中国は経済の改革開放によって、日本を抜いて世界第2の経済大
国になるという状況です。そのような場 合、これからの日中関係はどのように
なるでしょうか。巨大な経済力を背景にして、今の中国はアジアやアフリカなど
に対するプレゼンスを高めて います。国際ジャーナルでも、これからの中国の
戦略に対する詳細な分析を行って欲しいところです。今の中国政府ですが、その
経済的な余裕を活 用して、軍事力増強を進めている印象があります。そのた
め、中国海軍は太平洋などで活動を広げている状況になっています。先日、漁船
の衝突事 故があった尖閣諸島を始めとして、、南シナ海での中国の動きが活発
になっており、周辺国での警戒が高まっているという状況です。このような状
況に対して、日本もこれからの中国戦略の構築が必要です。また、アメリカに
とっても、このような動きにはとても注目していると思います。中国 の、経済
と軍事力を背景にしたような、強権的な対応は、国際社会にとっても、とうてい
受け入れがたいところがあると思います。日本としても、 毅然とした態度が求
められるのではないかと思います。





fashiondc.xrea.jp
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年9月号のご案内 | 国際通信社
10/06
2010 Wed
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 幸民麦酒
兵庫県三田出身の蘭学者に、川本幸民さんという人がいらっしゃるそうです。
この人は日本で初めてビールを醸造した人で、1810年から1871年までの
人生を送ったそうです。
この川本幸民さんの生誕200年を記念して、日本酒「白雪」で知られる「小西
酒造」が、幸民のレシピを基に復刻した「幸民麦酒」の人気が高まっているという
ことです。

今年は猛暑でこの記念ビールに限らず、数多くのビールが多くの人に飲まれたこと
だと思いますが、猛暑が終わったこの時期でも全国から注文が相次ぎ、販売量は
当初見込みの倍以上だそうです。
復刻を企画した兵庫県三田市は「生誕200年の関連事業も大いに盛り上げてくれている」
と予想以上の売れ行きを歓迎しているということです。

この内容は新聞記事に載っていたものなのですが、新聞を見るまで私は川本幸民さん
という存在を知りませんでした。ただ、この人がいたからこそ、今のビールを醸造する
技術というものが日本に生まれたのでしょう。私はそう思います。
今回の復刻ビール、新聞記事によるとわりといいお値段がしますが、ビール好きの人は
「一度は飲んでみたい」と思う品ではないでしょうか。
私はアルコールを一切飲まないのですが、新聞記事を読んでいると「一口は飲んでみたい」
と思いました。


報道国際通信社の取材
国際ジャーナルを求めて 国際通信社
10/04
2010 Mon
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル この先の行くえがまだまだ不透明な日本経済を考える


最近、日銀から発表された2010年9月全国企業短 期経済観測調査をみる
と、日本の景気はまだまだ先行き不透明であると言えます。この調査によると大
企業製造業・業況判断指数(DI)はプラス 8となっています。これは前回の
6月短観から7ポイント改善しています。今後はどうなっていくのでしょうか。
ちなみに2010年12月予測は マイナス1となっています。これからの景気
については、国際ジャーナルなどのマスコミ各誌でも、これから様々な分析が行
われていくのではない かと思います。そのような分析も参考にしていきたいと
思います。今回の数字についてですが、報道をみると、様々な論評が行われてい
ます。政府 としても、これから臨時国会においての予算編成を行う上で、参考
にしているはずだと思います。大企業の製造業、非製造業ともに、一期先見通し
は9月比で悪化となっっていますが、円高の影響を始めとして、日本の製造業を
取り巻く環境の悪化は、急速に進んでいるのではないかと感じま す。一刻も早
い対応が望まれるところです。まずは円高に対する国際的な協力を強く求めてい
くのと共に、エコポイントの延長など、新たな景気刺 激策も早急に実現してほ
しいところですね。





press-blog | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルと私
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
10/02
2010 Sat
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 公園にて

先日、横須賀のうみかぜ公園に遊びに行きました。東京湾沿岸沿いにあって、釣り場、バーベキュー広場、スケボーやインラインスケートができる本格的なパーク、バスケットゴール、壁打ちテニス、マウンテンバイクのコース、豊富な遊具が揃った子ども用広場、とにかく盛りだくさんの公園です。これだけ色んなことができると、集まってくる人たちの顔ぶれも本当に様々。家族連れから、ストリート系の若い子たち、渋い釣り人に、大学サークル系、町内会や習い事仲間、
もちろん恋人たちも、思い思いの楽しみ方をしています。自由な雰囲気が目の前に広がる海と相まって、本当に気持ちが良いです。
子どもたちを遊ばせていて、ふと気づいたことがありました。それは、ハーフの子がとても多いということです。自分が住んでいる横浜も結構外国人が多い地域なので、外国の人が歩いている姿は普通の風景なのですが、ハーフの子はそんなに見かけない気がします。次男が通う幼稚園でも350人くらいの園児の内、5人くらいしか居ません。これって多いの?現代画報に17組に1組が国際結婚カップルだと載っていましたが、それは都市部のことなのか、案外地方の方が多いのでしょうか?でも、実際に目の当たりにすると、さすが横須賀だなあと妙に感心してしまいました。肌の黒い子、黄色い子、白い子が微妙に日本人の名残を持ちつつ、みんな関係なく遊んでいて、面白いのです。子どもの世界は色なんて問題じゃないのでしょう。純粋に違う、と思うだけなのかもしれない。差別意識を持つようになるのは、親の影響ですよね。
日本は国際化しているのでしょうか?時々世界で活躍する日本人がテレビで紹介されていて、すごいなあとは思うのですが、本当は日本国内で国際的に活躍できるようになると、日本が国際化することになるのかなと、ややこしいことを考えてしまいます。世界共通語に近い英語が、日本に浸透しない内は、国際化しているとは言えないのかな。。島国という考え方はもう関係ないのでしょうけどね。




経済情報誌 報道ニッポン 2009年6月号のご案内
国際ジャーナルへの思い
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
copylight © 求人のすすめ. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。