FC2ブログ
求人のすすめ
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/30
2010 Tue
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 冬においしいもの
現代画報社の現代画報に創業から約100年という老舗の水産卸会
社の社長さんのインタビューが掲載されていました。大学をで
てから家業をついで、水産物の目利きを経験で学んだのだとか
。水産の卸会社なので朝早く夜遅いお仕事だそうです。会社自
体は福井県にあるので、日本海の幸をたくさん扱われているの
だと思います。日に日に気温が低くなる今日この頃ですが、冬
の海産物と聞いて思い浮かべるものは何でしょうか?福井とい
えば、越前かに、食べるのはやはり「かに鍋」にしてでしょう
か。超高級食材といった感じで我々の口にはなかなか入らない
のではと思います。アンコウ鍋やクエ鍋も同じく高級食材とい
ったような気がします。北陸では寒ブリなども有名ですよね。
寒ブリは脂の乗った刺身が最高です。ふぐやカキも旬ですよね
。カキの土手鍋(味噌を回りにぬるやつです)なんて美味しそ
うでよだれがでてきますね。鍋を食べてコレでもかってくらい
熱くなって、冷たいビールを飲むのが最高なんですよ。ああ~
、おいしいものはいっぱいあるのに庶民の私には食べられない
ものばかり。そういえば、近くのコンビニでおでん70円均一
セールやってたな~。今夜はそれで我慢するか、ってさびしー





国際進のジャーナル
経済情報誌 報道ニッポン 2009年5月号のご案内
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
スポンサーサイト
11/27
2010 Sat
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 生活保護受給者は・・・
若者の自殺傾向が強まり、「失業」や「生活苦」を理由にした自殺者も昨年、急増したこと
が明らかになったそうです。これは、先日の新聞に取り上げられていました。

厚生労働省の調査では、全国の生活保護受給者のうち、昨年自殺した人は1045人で、10万人
あたりの自殺率は平均の約2.5倍に上るということです。失職をきっかけに経済的困窮を招き、
それが社会からの孤立を生むという負の連鎖です。生活保護の受給に負い目を感じるという
ケースもあり、年々増加する受給者を精神面でどう支援のかが課題として浮上しています。

生活保護受給世帯が、昨年12月に130万7445世帯と過去最高を更新する中、厚生労働省は今年
初めて生活保護を受給中に自殺した人を過去3年さかのぼって調査したそうです。調査による
と、2007年に全国で577人だった自殺者は2008年は843人、昨年は1045人と年々増加していて、
生活保護受給者10万人当たりの自殺者は昨年で62.4人と、全国平均の約2.5倍なのです。

このうち、671人が精神疾患を抱えていて、813人が一人暮らしだったといいます。

生活困窮者を支援するNPO法人は昨年、311人の困窮者を支援し、その大半が生活保護を受給
しました。このうち、17パーセントが30歳代以下の若者で、前年から2.5ポイント増えたそ
うです。しかし、保護から脱したのは1~2割程度だそうです。
雑誌「現代画報」で「不景気」に関する記事が紹介されていたように思うのですが、このよ
うな状況になるのも、やはり不景気だからなのだと私は思います。私たち国民は指をくわえて
少しでも回復するのを待つしかないのでしょうか。このような状況が現実に起きているとい
うこと、政府は本当に理解してくれているのでしょうか。多くの人が自分から好んで生活保護
を受けているわけではないはずなのです。きちんと仕事をして生活をしたいはずなのです。




現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
国際ジャーナルからの誘惑
11/27
2010 Sat
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル たった一度のチャンスを
さい帯血という言葉を最近よく耳にするようになりました。私が出産した頃はまだあまり知られていなかったし、主治医からさい帯血の話は聞かなかったのですが、この10年くらいで随分世の中に浸透してきたような気がします。「先端医療を知る
さい帯血移植」という記事が現代画報の11月号に掲載されてますね。さい帯血移植による再生医療は最先端医療と言えるでしょう。今までは、白血病や先天性免疫不全症などの治療には、数百万から数万分の1の確立でドナーを探すという藁を掴むような可能性にかけるしかありませんでしたが、さい帯血を使えば、自分の血液から摂取した細胞なのですから100%一致するわけです。これからこのさい帯血を使った再生医療が期待されているのは、心筋梗塞、糖尿病、アルツハイマー病、肝臓病、他に皮膚や骨の再生などです。目下の懸案は、公的機関である日本さい帯血バンクネットワークに提供する(寄付する)場合は無料ですが、個人利用で民間のバンクにさい帯血を保管・管理するためなどにかなり費用がかかるということでしょう。所得による援助制度を設けたり、もっとさい帯血移植を行える医療機関を増やしたりするよう、国が動くべきでしょう。保険という考えだけで費用の問題を片付けるのは乱暴じゃないかと思います。



気ままに国際通信社
報道ニッポン | 報道通信社 | 薬物汚染について考える
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
11/26
2010 Fri
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 最近、芸能人の事故が多いですね。。
芸能人の方が運転する車の事故の報道が目立ちませんか?



大きな事故には繋がっていないようですが、現王人の方のおこす事故は

大きく報道されますし、テレビ番組の収録にも支障が出ているみたいですね。



芸能リポーターの梨元勝さんのコメントとしては、

「以前は付き人という人がついていて、車での送迎が当然だった“スター”

というよう存在がいなくなり、実力のあまりない普通のタレントという

名の人物が芸能界に多くなっていることの表れ」



このコメントの背景には、芸能人の多さにマネージャーの数が、

圧倒的に足りていないことが・・・

何人もの芸能人に対し、付き人は一人。

当然、つきっきりで対応はできませんので、芸能人の方は単独で行動。

また、テレビ局も制作費削減の関係で、送迎用の車を手配できないケースが増えていて、


撮影が深夜になってしまうと、始発電車を待って帰宅する芸能人の方もいるようです。


芸能人に方の側からだと、男女交際菜などプライバシーに関して知られたくない部分を、


車を利用することで解決している、という部分もあるみたいですね。



普通、一般の人ならば知られないような事故でも、

マスコミのに取り上げられてしまうのが芸能界。

交通安全の顔になることもある、芸能人の皆さんなので、

くれぐれも事故に関しては、注意をして欲しいと思いますね!

shopping.coresv.com
経済情報誌 報道ニッポン 2008年10月号のご案内 | 報道通信社
11/24
2010 Wed
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 留学生、大麻栽培で逮捕
すんごい留学生がいるもんですよ~!なんでも四国厚生局麻薬取締部によれば、10月22日に、高知大学に通学している留学生で、チュニジア国籍のエルーズ・ハリル容疑者(31)ら二人の留学生を、大学のキャンパス内や自宅で大麻草約20株をさいばいしていたなどとして、大麻取締法違反(栽培)容疑などで逮捕したそうです!いやあ、留学生が大麻を買うことはあっても、育てることはないかと思っていましたが、育てちゃうとは!この二人、大麻は自分で使うために栽培したと供述しているそうで、容疑をほぼ認めているそう。2人の逮捕容疑は、10月4日までに高知県南国市にある高知大農学部のキャンパス内や容疑者の自宅で計約20株の大麻草を栽培した疑いで、四国厚生局によれば、容疑者の自宅からは乾燥大麻約30グラムが押収されたのだとか。そりゃあ、吸うために育ててるのですから、乾燥大麻もでてきますよね~。今か今かと大麻の成長を待ち、収穫していたのはちょっと笑っちゃいそうですが、やはり大麻は大麻、日本では罰せられるわけですね。この2人、高知、香川、愛媛3大学の農学研究科などでつくる愛媛大学大学院連合農学研究科の留学生だったそうで、だから余計上手に栽培できるのでしょうか。厚生局は、大麻種子の入手経路や、ほかに関与した人物がいないかなどを現在調べているところだそうです。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年1月号のご案内 | 現代画報社
dragon.bex.jp
11/23
2010 Tue
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 日本の貿易戦略に対する大きなテーマ
日本が現在参加を検討しているTPPですが、果たし て日本の農業がTTPと
本当に両立できるのかという点が、最近は国会でも議論になっています。菅首相
が、環太平洋戦略的経済連携協定への参加 を検討している事を表明しています
が、今後の見通しはまだわかりません。国際ジャーナルでも、このTTPに関す
る情報提供をして欲しいところ です。TPPは、どんな内容になっているので
しょうか。調べたところによると、100%近い関税撤廃が原則となっており、
多国間の自由貿易協 定(FTA)として、太平洋を囲む9カ国が交渉を続けて
いるのが現状です。日本政府の計画はどのようになっているのか気になります
が、日本政 府は、11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議ま
でにTPPへの対応を決める予定と報道されています。今までの経緯を振りかっ
てみると、米などの農産物は除外という形で日本は検討を重ねてきました。これ
は、食料自給率の観点からも大事な点であると思います。これから 日本が貿易
立国として生きていくためにも、このTTPの議論は避けて通れないテーマであ
るかもしれません。国会においても、いろいろな角度か ら、充分に検討を重ね
て欲しいところです。





占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルからの飛躍
11/23
2010 Tue
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 遠くへ行きたい
行楽の秋です。このところ冷え込んでつい家の中に篭りがちになりますが、やっぱり行楽の秋なのです。どこか行きたい。遠くへ行きたいのですよ。国際ジャーナル11月号で「進化の博物館 ガラパゴス諸島に迫る」とい
うコラムが載っていて、すっかり羨ましくなってしまいました。ああ 遠いな、ガラパゴス。まあ ガラパゴスまでとは言わないまでも、国内で良いので旅行に行きたいです。紅葉狩りなんかの風流な遊びをやってみたい。渓流下りとかね~。今は円高だし、羽田が新しく国際便を入れるようになったから、みんな海外旅行に目が行ってるんでしょうけども。桁が違うのよね、お金のかかり方の。海外へ行くならやっぱりガッツリ遊びたい。豪遊なんかは無理でも、毎日の買い物のようにスーパーで携帯の電卓使いながら考え考え値段とにらめっこして・・っていうことはしたくないのですよ。そんなこと言いながら、結局は一生懸命計算してからじゃないと物を買えない人間ですけどね(小さいなあ・・)。いっそホントにガラパゴスとかに行ったらお金のことも何もかも忘れちゃうんじゃないかとも思います。脳みそカラッポにして、動物たちを日がな一日観察して過ごすのはなかなか贅沢なことですね。時間を気にせずに人目を気にせずに羽を伸ばす。これが本当のバカンスなのでしょう。 



games.awe.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年11月号のご案内 | 報道通信社
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
11/21
2010 Sun
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 牡蠣
少し肌寒くなり、秋もすっかりと深まってきたような気がしま
す。食欲の秋と言われるほどに、秋は多くの食べ物が旬を迎え
ます。キノコは山の幸の代表ですが、その王様といえば松茸で
す。知り合いの料理人さんいわく、今年は不作気味で市場に出
回るお値段も少し高めだとか。まあ、私のような庶民の口には
どのみち入りませんが・・・。
 岩ガキと言えば夏が旬ですが、マガキは10月が解禁です。
現代画報社の現代画報に太平洋で太平洋側の地域で初めて、岩牡
蠣の養殖を成功させた実績を持つ丸善水産という会社の取材記
事が掲載されていました。自然相手のお仕事だけになかなか苦
労も多いそうです。カキと言えば中国地方の瀬戸内海側や三陸
海岸が有名ですが、丸善水産さんは三重県の企業のようでした

 かきといえば、カキフライにカキご飯いろいろお料理があり
ます。先日、カキご飯のおいしい作り方をテレビで放送してお
りましたのでご紹介します。まず、カキはそのままご飯といっ
しょに炊くとき入れるのではなく、あらかじめ9割ほど別の鍋
でゆでておきます。ご飯を炊く時は、そのゆで汁を入れて、あ
とは炊き込みご飯を作る時と同じような調味料で。ご飯が炊け
たら、蒸らす時に、ゆであがったカキをご飯の上にのせましょ
う。こうすることによって、カキがしぼみにくく、カキのうま
みを十分に楽しめます。みなさん是非試してみてくださいね。



shopping.coresv.com
経済情報誌 報道ニッポン 2008年10月号のご案内 | 報道通信社
11/20
2010 Sat
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 架空の就職面接会で・・・
新聞記事に載っていたのですが、架空の就職面接会を開いて求職者から
運転免許証の画像データを集め、これを基に偽造した運転免許証を見せて
電器店からテレビなどをだましとったとして、岩手、宮城、そして千葉の3県警
は11月9日に、11人を詐欺などの疑いで逮捕したと発表したそうです。

警察の発表によると、容疑者らは今年2月から3月にかけて、盛岡市や仙台市な
どで11会にわたって偽造した運転免許証を電器店などに示して分割払いの契約を
結び、そして商品約290万円分をだまし取った疑いだといいます。

全国各地で就職面接会を開いて「身分確認用」と説明して参加者の運転免許証の
画像データをパソコンに取り込んでいたのだそうです。顔写真を詐欺グループの
メンバーのものに張り替えていたということです。

今、この国は「不景気」です。不景気に関しては、国際通信社から発行されている
雑誌にも様々な内容で載っていたようにも思いますが、今、「就職がなかなか決ま
らない」と悩んでいる人が多いとテレビや新聞などで目にすることがあります。
どれだけ面接を受けても「不採用通知」、中には面接にすら進めない人もいると
聞いています。そんな状況で「とにかく仕事に尽きたい」と強く願っている人の
気持ちを利用して詐欺をするというのは非常に許しがたい話だと思います。
就職活動に力を入れている人は、この世の中にたくさんいます。
真剣に取り組んでおられる人が多いはずです。残念な話でなりません。


現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
ニッポンの夜明け
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
11/20
2010 Sat
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 取材あれこれ。
 お店を始めてから、たくさんの取材をしていただいた。大体はどの取材も同じようなことを聞かれるし、次第に慣れてきたのだが、雑誌社などによっていろんな違いがあることが最近わかった。
 今まではお金がないということで、取材は費用が一切かからないものばかりでお願いしていた。しかし先日営業の方がいらして、私が店で売りにしているものの特集があるので、その中で広告を出さないかというものだった。費用のことを考えて、最初はお断りするつもりだったのだが、話を聞いているうちに考えが変わってきた。特集ということだと、その商品がすきな人は必ず買うし、多分永久保存版にするだろう。私は必ずそうする。好きな人に見てもらえるということは足を運んでいただける機会も増えることが予想される。今までは不特定多数の方相手だったので、今度は少し違う。費用対効果を考えると悪くないと判断し、広告を出すことに決めた。
 私の店のように住宅街でわかりにくいところにあるような店はこうやってどんどんメディアに顔を出さないといけないのだと最近とみに思うようになった。お客様に伺うと、「あの雑誌みて、気になっていたのよね。」とか「テレビに出ていたからやっと場所がわかったわ。」との反応。あちこちに出ていれば、なんとなく頭の片隅に残り、何かのきっかけで足を運んでくださるような気がするのだ。取材していただけるというのはとてもありがたいことであり、店の繁栄に関わる。これからもどんどんメディアに進出していきたいと思う。
 

dolce.cms.am
太陽光発電
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
11/18
2010 Thu
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 自然を相手に
トレイルランニングって、結構人気があるんですね。登山やマラソンにはあんまり興味がないのですが、最近「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン」に関するニュースや番組を目にする機会があって、トレイルランニングという言葉を知ったのもこれがきっかけです。不眠不休で険しい山岳を走り抜けるなんて、よくまあそんな大変な競技を思いつくなと呆れてしまいます。ヨーロッパの人たちってホントこういう山系のXゲーム的な無茶レースが好き好きなんだもん。お国柄というか、気質なんですかね?でも、今年は10位以内に3人も日本人が入っていますから、マラソンがお家芸の日本人も負けず劣らず得意なのかもしれません。そもそも、ブーム前から山岳レースとして大会が催されていたわけだし。近年の登山ブーム、ランニングブームが合体するような感じで、より盛り上がっている感じです。トレイルランニングの専門誌もあるんですよ。すごいな。
一方で、トレイルランニングが自然へもたらす影響と、ランニング中の事故や病気に関する安全問題も表面化・増加してきているようです。競技ともなれば、一度に多数の人間が登山道を占拠することになりますから、故意ではなくても雨上がりなどに行なえばどうしても登山道を荒らしてしまいます。周辺の植生にも悪影響が出る可能性もあります。ランナーは、常にそういった影響力を自分たちが持っているという自覚が必要でしょう。また、ランニング中の安全については、最終的には自己責任になるということも忘れてはいけないし、大会主催側も状況によっては低体温症や心臓発作を引き起こす危険を考慮に入れて、万全の救急医療体制を敷いておかないと大変なことになります。
こういう話は国際通信社の雑誌が得意かもしれませんね。トレイルランニングの功罪について色々読ませてくれるんじゃないかな。自然を相手にすることの過酷さと責任と、そして素晴らしさを存分に体験することが出来る競技なんだと思うのですが。。徹夜で走らなくてもいいよね(笑)




評判のお店を取材 報道通信社
現代画報 | 現代画報社 | クリックジャックという名の詐欺
11/17
2010 Wed
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル やはり気分が滅入ってしまう話です
日銀は11月8日に、11月の金融経済月報を公表しました。
景気の現状について「緩やかに回復しつつあるものの、改善の動きに一服感が
みられる」として、「改善の動きが弱まっている」とした10月よりも慎重な
判断を示したのです。
このような話を聞くと、気分が滅入ってしまうのは私だけでしょうか。

世界経済の減速や円高で輸出や生産にブレーキがかかっているというのが理由
にあげられているそうです。日銀は10月の月報で、2009年初来、初めて
景気判断を前月よりも引き下げていますが、2か月連続で判断を下方修正した
形となります。

先行きについては「景気改善テンポの鈍化した状況がしばらく続く」として、
10月の「景気は改善の動きが一時的に弱まるものの」と比べて慎重な見方と
しました。ただ、その後「緩やかな回復経路に復していく」との見方は変えて
いないのです。

今、国を相手に大変な状況であるということは新聞やテレビを通じて耳にして
います。が、やはりこの国のこの状況を何とかしていただきたいというのが
私の本音なのです。国際通信社から発行されている雑誌にも「不景気」に関する
記事が載っていたように思いますが、この状況を何とかしていただかないと
生活が「普通」にならないのです。決して贅沢をしたいというわけではありません。
ただ普通の生活がしたいのですが・・・。
なかなか対策を考えていただけていないようで残念です。


報道ニッポン | 報道通信社 | 報道ニッポンの投稿サイト
気ままな現代通信
11/16
2010 Tue
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 様々なロボット
そして最近テレビで見かけるのが、「ロボット」なのです。ある会社の社内を案内したり、会話
ができたり、客が注文したメニューをテーブルまで運んだりと、様々なロボットが開発されている
ようです。私が子供の頃には考えられなかったことなのですが、これも時代の流れと共に技術が
発展しているのだと思うのです。

ある新聞記事にもロボットの紹介がされていました。それは、アザラシ形の癒し系ロボットなの
です。名前もあるようで「パロ」というのだそうです。
このパロは富山県のある企業が製造しているそうなのですが、11月16日からアメリカで販売される
のだそうです。
パロをなでると甘えた声を出すそうで、認知症などのお年寄りの気持ちを落ち着かせる効果がある
そうです。
パロは、2005年から日本では販売されているそうですが、アメリカ販売に際し「ハロー」などの
50の英語を認識できるようにしたとのことです。
価格は6000ドル、日本円にすると約54万円という決して安いとは言えない値段だとは思うのです
が、アメリカのある州にある高齢者介護施設に8体を届けて記念式典が開かれるそうです。

高齢者施設に入所されている方は、そこで出会った素敵な友達もいらっしゃるかもしれませんが、
ロボットとはいえ、心が癒されるペットのようなものがあればますます心が明るくなるのでは
ないでしょうか。多くの方にかわいがられるロボットでいてもらいたいと思います。



現代画報 取材
books.weblog.vc
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
11/14
2010 Sun
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 地域の観光事業における函館市のユニークな取り組み
これからの日本においては、地方の自立がとても必要な事になると思います。簡単に自立といいますが、そこには、中央政府からの補助金に頼らない、経済的な強さも必要となります。その中で、観光事業というのは、これからの地方の自立を考える上で重要な経済的テーマではないかと思います。国際通信社国際ジャーナルなどにも、よく地方の話題がでています。観光の記事もよく見かけることがあります。これからの日本の観光事業については、単に風光明媚な土地をたずねて、その地域の名産品を買っていくという事だけでは、大きなビジネスとしては発展していかないかもしれません。その中でおもしろい取り組みとして、函館市の「イカール星人」というPRビデオがあります。これは、函館市を紹介するプロモーションビデオですが、函館市の名産である「イカ」を宇宙人として、SFドラマ仕立てにした内容になっています。函館でイカを食べ過ぎていることに起こったイカール星人が函館を侵略しようとしますが、それに対して、函館のタワーロボットや、ゴリョウカクという宇宙船が立ち上がるという内容です。いままでのお堅いイメージのあるPRとは一風変わった内容ですが、様々なマスコミで取り上げられるなど、その効果は大きかった様です。これからは公共機関においてもアイデアの時代といえるのではないかと思いました。

ハコダテ観光ガイド :: イカール星人オフィシャル
http://www.ika-r.com/



報道国際通信社の取材
国際ジャーナルを求めて 国際通信社
11/13
2010 Sat
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 舌の記憶
国際ジャーナル11月号に「熾烈を極める牛丼価格競争 その先にあるものとは─」という記事が載ってますね。牛丼屋さんのお世話になったことはありませんが(ダンナは残業のときよく通ってるらしい・・)、正直言ってあの価格で採算が取れるのはどうしてなのか、他人事ながら首を傾げたくなります。アメリカから輸入しているショートプレート(牛バラ肉を整形して長方形にしたもの)の価格が昨年から上昇しているみたいですが。。「安さの裏で誰かが泣いていると思うと切ない」好きなフリーライターさんが嘆いてました。懐が寒い自分には耳の痛い話だけれど、基本、ものすごく安いものをバンバン買うというよりも、とにかく財布の紐をしめまくってなんとか凌ぐようにはしています。
休みの日の昼ごはん、ワンコインで買えるファストフードのハンバーガーを食べさせるくらいなら、同じ値段でうどんを買って家で食べさせる方が良いなと思う。手軽さと安さに負けないように、手間を惜しまないように。本当はもっともっと素材とかにもこだわりたいけれど、さすがにそこまでお金をかけられないのでね~。子供たちの舌をつくるのは母親の仕事ですね。母は料理を教えてくれなかったけど、舌の記憶をつくってくれました。舌さえ出来ていれば、料理は後から出来るようになるのです。生きた証拠が言うのだから間違いない(笑)。



国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報より
国際ジャーナル経済白書
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
11/13
2010 Sat
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ナインティナインの岡村さんが復帰予定
体調不良を理由に7月から休養されている「ナインティナイン」の岡村隆史さん
が、11月中にも仕事復帰されるそうです。テレビや新聞に報道されていました。
岡村さんは入院していたということですが、すでに退院しているようです。
復帰番組としては、フジテレビの「めちゃ×イケてるッ!」となる見通しだと
いいます。

岡村さんは主演映画のPRなどで多忙を極めていた5月中ごろから体調が悪化した
そうです。6月5日には「観客に満足できる演技を見せることが難しくなった」
として、予定していた1人芝居を延期しています。
ラジオ放送の出演も取りやめていました。

その後、7月上旬には復帰されていましたが、再び体調不良のために休養したのです。
その後、検査入院をして所属する事務所が「当面の休養」を発表していました。

ここのところ、芸人さんが体調を崩したり怪我をしたりというニュースを頻繁に
聞きます。体調が悪くても無理をして仕事をしなければならない・・・というのは
仕事を持っている人にとっては共通の話かもしれません。
が、やはり無理をしては余計に悪化してしまう可能性もあるわけです。
国際通信社から発行されている雑誌には「健康」についての記事が載っていたように
思うのですが、常に健康でいるために日々注意をしなくてはいけませんね。
そして、岡村さんがテレビ画面に映る日を心から楽しみにしています。


gourmet.gob.jp
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年4月号のご案内 | 現代画報社
11/10
2010 Wed
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 裁判員の安全
平成16年5月21日「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が成立し、平成21年5月21日から裁判員制度が始まりました。
裁判員制度とは、国民が裁判員として刑事裁判に参加し、
被告人が有罪かどうか、有罪の場合どのような刑にするかを裁判官と一緒に決める制度です。

裁判員制度が始まってから随分経ちますが、
あらゆる裁判が報道され、裁判員の質問内容や態度、どのような判決をくだした、などの詳細がメディアでとりあげられています。

では、裁判員になり被告人を裁くことで、
事件関係者から危害を加えられるなどの危険性はないのでしょうか?
国際通信社国際ジャーナルにおいても、私のこの疑問について記事がでていました。


最高裁判所からの報告によりますと、
裁判員制度が始まる前まで、裁判官や裁判所職員が事件関係者から危害を加えられたというような事件はほとんどおきておらず、
また、事件関係者から危害を加えられるおそれのある例外的な事件については、裁判官のみで審理することになっているので
心配はないということでした。
また裁判所は、国民が安心して審理に参加できるよう、裁判員の安全確保に万全の配慮をしており、
例えば裁判員の名前や住所は公にされないことになっています。
万一にも事件関係者に知られることがないよう、裁判員の個人情報については厳重に管理しているとのことです。

しかし、個人情報がいとも簡単にあらゆる企業等から流出する事件が多発している昨今、

個人情報管理をいかに厳重に行おうとも、流出の可能性はゼロとはいえないでしょう。

裁判員が適切な審理を行うためにも、
万一の事態に備え、裁判員を守るための適切な処置が滞りなく行われるよう万全の体制を確立する必要があると思います。

press-blog.org | 現代画報 | 現代画報社
報道ニッポンを求めて
11/08
2010 Mon
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 賃貸住宅のトラブルを防ぐために
最近読んだ報道通信社の報道ニッポンの記事の中で、賃貸トラブルに関する
記事については、ちょっと興味を惹かれました。東京都においては、全500万世帯中、

約4割の200万世帯が、民間の賃貸住宅に住んでいるそうです。東京都では、全国から
人が集まってきますから、賃貸住宅の市場としては、もっとも大きな市場である
と言えるでしょう。賃貸住宅を借りるにあたっては、いろいろと注意するところ
もあります。東京であれば、どんなエリアに住むかがまずは一番のポイントにな
るのではないでしょうか。東京は電車による交通網が整備されていますから、職
場の所在地へのアクセスが便利なところに住むのが良いと思われます。一方で、
住んでいる地域の利便性や住環境もポイントになります。もちろん、家賃もエリ
アによって変わりますから重要です。賃貸住宅を借りる際には、契約の内容にも
注意する必要があります。借りる時はあまり問題になりませんが、借りた住宅か
ら出る際には、契約の内容が問題となるケースがあります。特に、敷金・礼金の
取り扱いや、原状回復する上での修繕費用の負担などについては、トラブルの原
因となるケースが多くなっています。これについては東京都などでもトラブル防
止のガイドブックを出していますので、そのような情報も参考にすべきでしょう。







rex.xrea.nu
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年1月号のご案内 | 国際通信社
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
11/06
2010 Sat
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 木村カエラ、出産報告
木村カエラさんと俳優の瑛太さんの結婚とカエラさん妊娠の同時発表に驚いた今年の初めでしたが、早いものでなんとお二人の子供が産まれていたそうです!発覚したのは10月28日、2人の公式サイトで、男の子が産まれたことを同時に発表したのだそう。瑛太さんは子供について、「元気な男の子が産まれました。当たり前ですが、カエラと私に似ています」と、新米パパの初めての子供についてのコメントを綴られています。また、カエラさんも息子さんに関して、「愛おしくて、愛おしくて、愛おしくて。これから先の未来が、もっと楽しみになりました。とても小さく、とても強いこの子の存在は、2人にたくさんのことを与えてくれます」とすでにメロメロ状態の模様!2人の所属事務所によれば、予定日より少し早い誕生だそうで、母子ともに健康ですが、息子さんの名前や出産日時などは公表しないことになっているのだそう。あーん、微妙に機になりますよね!瑛太さんは息子さんを見つめていると、いろんな想いが膨らんでいき、彼の存在の大きさを感じますとコメントしているそうで、すでにパパですね~。9月1日に2人が入籍をしてから、すぐに産まれちゃった感じですが、もう親子3人の生活が始まっているんですね!どんな家庭なのか、気になっちゃいますね~。

dolce.cms.am
太陽光発電
11/05
2010 Fri
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 介助犬、盲導犬の存在
国際通信社国際ジャーナルで障害者に関する記事が紹介されていたように記憶しています。
国際ジャーナルでは障害者雇用というテーマだったと思います。

交通事故で重度の障害を負い、介助犬に支えられて車椅子生活を送っているある女性が

現在生活を送っている市の臨時職員に採用され、初出勤したとの内容の記事が先日、ある新聞
にも紹介されていたのです。

介助犬と一緒に働く人は一部の地域で例があるそうですが、まだ全国的にも珍しいそうです。
この女性は、2004年大学3年生だった時に交通事故に遭い、車椅子生活になったそうです。
2年後に介助犬「ヴァニラ」と出会い、今年2月からはヴァニラと一緒に片道1時間以上かけて
他市のリハビリテーション施設に通勤していたのだそうです。
ただ体力的に厳しかったために8月下旬に住んでいる市に相談し、採用されることになったのだ
そうです。この女性は、週3回、データ入力などを担当するようです。
また、「介助犬を使う立場から、介助犬を希望とする人にアドバイスできれば」という抱負を
語っている記事が紹介されていました。
体調もあるでしょう。あまり無理をなさらないで、充実した生活を送っていただきたいと
私は思いました。

世間では、介助犬の存在はまだまだ薄いように私は思うのです。実際、私は介助犬と共に外に
出られている方を見たことがないのです。
盲導犬を連れている方は何度か見たことがあります。以前、盲導犬を連れた方が信号待ちをして
いる際に「犬が邪魔だ」と心ない言葉を発している中年男性を見かけたことがあります。

私は怒りを覚え、ついその中年男性を注意したことがあるのですが・・・。
どうしてそのようなことが言えるのか人間性を疑ってしまったのです。

介助犬になるためには、相当な訓練が必要だと聞いたことがあります。数多くの介助犬が生まれる
ようにと、私の住んでいる地域の様々な店舗で募金箱が設置されています。
困っている人のために、介助犬が必要とされている人のために、介助犬や盲導犬の存在をもっと
私たちは理解しなければならないのではないかと思うのです。



国際通信社
国際通信社の取材で・・
11/01
2010 Mon
報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 己の舌を信じて
月末の給料日まで懐が寂しいので、週末も自炊してます。家族が揃っていると、朝昼晩、手を抜けないのが正直しんどい。でも、パスタだけはレパートリーが増え手際が良くなりました。必要は発明の母とよく言いますが、ココナツミルクとトマトのパスタとか、超余り物でドン!なシロモノな割りに、家族には大好評でした。適当に作ったから分量とかかなり曖昧で、もう一度作れと言われたらたぶん味が変わると思います。。プロは常に同じ味を提供できるからプロなんだなあと、こういうとき痛感しますね。
でも、以前友人が、家庭料理を毎日飽きずに食べられるのは微妙に味が変わるからだ、と言ってました。作り手である母親の体調やその日の天候などで違うのだと。プロはそんな微妙な変化にも対応して同じ味を出すからプロだと。最高級の料理人に男が多いのは、生理がないからだとも言ってました。ははあ なるほどねえ。妙に納得しちゃう話です。
不況で淘汰されてきている外食産業、生き残りの鍵を握るのは消費者であると、国際ジャーナルの4月号で特集されていましたが、まさにその通りすよね。メガバーガーや肉料理専門店を集めたテーマパークが現れる一方で、マクロビオティックやスローフードを取り扱うおしゃれカフェが一部で熱狂的に支持されたり、多様化の一途をゆく日本の外メシ。ミシュランガイドの京都・大阪版が発売されましたが、いわゆる粉食専門店は入っていないとか。日本の粉食文化をナメるなよ!と言いたいところですが、やはりそれ相応のお値段と格式とを重視するのが星ガイドだから仕方ないのかな。でもミシュランで選ばれた店で酷い目にあったという話は結構聞きます。信じられるのは己の舌のみというところでしょうか。何にしても、基本の舌は家メシであってほしいなあと思います。ホームグラウンドでしっかり鍛えてから、アウェーに行くべきじゃないかな~。作り手の責任重大です!





経済情報誌 報道ニッポン 2009年3月号のご案内 | 報道通信社
国際・報道通信社のつぶやき
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
copylight © 求人のすすめ. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。